間違いだらけのホワイトニング!心当たりがありませんか?

歯磨き粉でホワイトニング


歯のホワイトニングとして、歯磨き粉を使う方法は広く浸透しています。ただ、この方法は注意しないと知覚過敏を起こす原因となるのです。
ホワイトニング歯磨き粉の中には、歯の表面を削る研磨剤が入っているものが多くなっています。研磨剤を使うと、汚れを取り除くことができるため白い歯を手に入れることが可能です。ただ、歯の表面を削りすぎてしまうと、冷たいものを食べたときにしみる症状に悩みやすくなるのです。
歯磨きの中でも、研磨剤を多く配合しているものには十分に注意しましょう。歯科医院に相談すれば、歯に負担なく使える歯科医院専用のホワイトニング歯磨き粉を紹介してもらえます。将来の歯を守るためにも、専門家に相談してみましょう。

アイテムを個人輸入して自己ケア


海外からホワイトニングに必要な液剤を個人輸入することができます。手軽に専用のアイテムを手に入れることができるので、自宅でもホワイトニングしやすくなるでしょう。ただ、自己判断で液剤を使うことは、控えるようにしましょう。
歯の状態は、個人によって違ってきます。歯の表面の削れ具合も違ってくるほか、虫歯や歯周病の有無にも違いがあるのです。ホワイトニングは、知覚過敏が酷かったり、虫歯や歯周病がある状態では基本行うことができません。自己判断で液剤を使うことで、歯や歯茎に負担をかけてしまうのです。
医師の診察を受けてから施術を受ければ、万全の状態でホワイトニングすることができるため、トラブルが起こることもありません。