白い歯を取り戻せ!自宅で出来る簡単ホワイトニング!

まずは、汚れのもとを控えること


歯が白いだけで若く、健康的に見え憧れる人は多いでしょう。歯石、紅茶やコーヒーに含まれるステインという成分が歯に付着すると白さが鈍り黄ばんで汚い見た目になります。こまめなブラッシングが大切ですが、歯の汚れには専門の医療機関でないと落ちにくい物も少なくありません。歯医者に定期的な検診やホワイトニングが必要ですが、お金を掛けずに自宅で歯を白くしたいと思う人もいるでしょう。
まずは、ステインを含む食べ物を控えることから始めましょう。この成分を含むものは紅茶やコーヒー以外にワインやカレー、アイスクリームなどの食べ物が挙げられます。どうしても食べたい場合はストローを使ったり、口の中に長く入れておかないようにしましょう。食事ではありませんがタバコにも歯を汚れやすくする成分が入っているため、歯を綺麗に見せたい人はこれをきっかけに辞めることをおすすめします。

間違った歯磨きでは歯に良い影響を与えません


食べることで逆に歯を白くする効果のある食品も存在し、苺や玉ねぎ、オレンジにりんごといったものが挙げられます。フルーツに含まれるリンゴ酸が歯の表面についた汚れ、ステインを取りやすくします。苺と少量の重曹を混ぜて歯磨き粉の代わりにしても良いでしょう。しかし、重曹の刺激は強いため一日に何回も使用せずに期間をあけながら、その歯磨き粉を使用するのが大切です。また、ナッツ類もおすすめであり噛みごたえのある食材は自然の研磨の効果があります。
ハミガキを行う際ちょっとした工夫で、歯を白くしやすくなります。ブラシをゴシゴシと力を入れて擦りつける行為は、汚れを効率よく落とせないほか歯茎や歯のエナメル質を傷つける恐れがあるので注意しましょう。力を入れず、中指と薬指でブラシを持ち小刻みにゆっくり磨くのがおすすめです。また、歯ブラシは月に1度を目安に交換しないと雑菌や汚れがブラシ自身に溜まっていくので、放置して使い続けると虫歯や歯周病の原因になります。